CONSULTING

お電話でのお問い合わせはこちら
03-6271-1894

コンサルティングメニュー

Service
店舗スキルの向上

「店舗力」向上支援

外食企業において売上を作っているのは、まさしく店舗であり、現場で働く従業員です。
すなわち、従業員やお店の力量である「店舗力」を効果的に向上させなければ、経営陣が求める結果は得られません。
その店舗力が備わっていないのに、売上や利益の結果を求めても逆効果です。

例えるなら、泥濘の中でジャンプさせて、高いところに手が届くように求めるようなものです。
当然、ジャンプすればするほど泥沼に足が浸かり、さらに深みにはまり抜け出せなくなります。
適切な順序は、

  1. 泥濘に土を流して地面を固め、
  2. 適切なトレーニング方法で筋力をつけ、
  3. 最後にジャンプの練習をします。

同様に当社では、飲食店舗の「店舗力」向上マネジメントを、優先順位をつけて段階的に進めていきます。

  1. 組織力
  2. 運営力
  3. 攻撃力

3ステップに分けて、それぞれの店舗の到達レベルに適した施策を遂行支援します。
そうすることで、継続して利益を産み出せる飲食店舗を作ることができ、戦える個人とチームを育成することができます。

ホスピタリティ向上支援

ホスピタリティとは接客・接遇の場面だけで発揮されるものではなく、人と人、人と物、人と社会、人と自然などの関わりにおいて具現化されるものであると考えます。
また、人間関係をより良く保つための「潤滑油」のような存在です。
現代においては「サービスの差別化」が求められており、接客や従業員(ソフト)を向上させることで、顧客との信頼関係を育みます。
ホスピタリティがこの信頼関係構築の最重要な要素となり、「生涯顧客」を作っていきます。
そして、サービス産業において適切なかたちで、労働生産性を高めることにつながります。
当社では、日本ホスピタリティ推進協会の認定コーディネータが、効果的なレベルアップを支援します。

  • ホスピタリティ研修の実施
  • 現場でのホスピタリティ実践指導
  • ホスピタリティの啓発・普及活動

スタッフ教育支援

スタッフが定着しない、作業のレベルが上がらない、リーダーが育たないなどの問題を多くの店舗で抱えています。
当社が、店舗の教育担当者になることはできませんが、改善、改革と共に教育のリーダー育成を施すことはできます。
精度の高い教育の仕組みを構築し、それを浸透さ瀬せていくことを支援します。

  • サービス、接客研修の実施
  • 店長教育
  • OJTによる現場指導
  • リピーター創造策の立案
人材教育

開業支援

飲食店を経営される方にとって新規開業をされる時、新店舗を出店する時など、不安と期待を胸に新たな挑戦をされるかと思います。
しかしタイトな計画やスケジュールをやり繰りしながらの日々の気苦労は計り知れません。
当社は、そういった悩みや問題点を飲食店オーナー様の立場で捉え、出来る限り時間と労力、 そして資金を含めたよりコストパフォーマンスの高い開業支援のご提案を行い、飲食店オーナー様と共に作り上げていきます。
また、店舗のスタッフの目線になっての立ち上げ業務までは、オーナー様が携わることが難しいのが現実です。
当社は、そういった悩みや問題点を、オーナー様と店舗の双方の立場になって効率的な開業を支援します。

  • ビジネスモデルの構築
  • マニュアルの作成
  • 運営計画の立案
  • 販売促進計画の立案
  • 開業トレーニングの実施

業態開発支援

“基本コンセプトの立案から、どのような顧客層をメインターゲットにするのか、メニュー構成、店舗デザイン、サービススタイル、 ” 立地選定など、総合的な視点から、クライアント様の持つ経営資源を生かした最適なご提案をいたします。
業態開発とは、フードビジネスにおける店舗開発の基本方針を決定する最重要事項です。
市場動向や時流などの調査分析データをベースに、業種・業態を決め、顧客、商品、サービス、店舗などの方向性決定を支援します。

  • 消費動向、市場調査分析の策定
  • コンセプトワークの立案
  • オペレーション設計

オペレーション設計支援

素晴らしい飲食店舗があっても、それをうまくオペレーションしていかなければ、適切な収益を上げていくことはできません。
飲食店舗の経営は「人」「物」「金」「情報」という資源を有効に活用し、適切な収益を上げていかなければならないと考えます。
当社では、それぞれの飲食店舗に応じたオペレーションシステムを提案して、収益向上や多店舗化を支援します。

  • 現状のオペレーション評価
  • マネジメントシステムの提案
  • 多店舗化システムの提案

衛生管理支援

1970年代にアメリカで生まれたHACCPの衛生管理手法は日本にも導入されていますが、まだまだ飲食店においては理解が進んでいない状況です。
2020年には小規模飲食店にも、HACCPの仕組みの導入が義務化されました。
このような大きな動きの中、HACCPコーディネーターによる飲食店の衛生管理を支援、指導します。

  • HACCPに基づいた設備提案
  • HACCPに基づいたオペレーションの構築、教育の実施
タイトルとURLをコピーしました